マツモトキヨシ RECRUITING  SITE
  • マイページログイン
  • 2018年卒薬剤師職新卒採用エントリー
  • 総合職インターンシップエントリー
  • 薬剤師職インターンシップエントリー

トップページ > [ 薬剤師 ] 北 由里子

PERSON 02

Yuriko Kita

人とのコミュニケーションが大事。毎日の充実は周りに恵まれているから。北由里子

マツモトキヨシ
2013年入社
星薬科大学卒業 薬剤師

これまでのキャリア: これからのキャリア:

ビジネスマンやOLの方の健康相談から始まった

OTC や調剤の研修後、念願だった都心の店舗での勤務となりました。

都内のオフィス街の雰囲気を味わいつつ、ビジネスマンやOLの方を中心に健康相談に乗っていました。
目の疲れや肩こりを訴える方や忙しくて病院に行けない方が多いため、OTC医薬品についてのご相談が多い店舗でした。
その他、わたしのアイデアで、PC業務を行う人が多くいると考え、お菓子の陳列棚のテーマを、
「手の汚れないお菓子」に棚替えしたこともあります!

そして、店舗の異動も経験し、ビジネスマンの来客が多い店舗から、お子様や高齢者の方までお越しになる店舗となり、
さらに学ぶことが増えました。
これからも、幅広い知識を身につけていこうと思っています。

調剤併設店で勤務しているので、主に調剤業務に携わっていますが、売場に出ることもしばしば。
売場ではOTC医薬品の販売業務が中心ではありますが健康食品やドリンク剤についての相談も受けています。
お客様にダイレクトに知識を伝えることができる貴重な機会です。
多くの相談に乗ることで、自分の知識も増えるので日々成長を感じられます。

タイのバンコクで育った経験“市販薬の説明がしたい”

私は小学校から中学校にかけて、タイのバンコクで暮らしていました。

当時は、都心から少し離れてしまうと医療を満足に受けられる環境ではありませんでした。
そのとき目にしたのが市販の医薬品です。
しかしながら、限られている物資にも関わらず、
正確な使用法・服用法を知らないまま購入している人をよく見かけていました。
医師のように診断はできなくても、“市販されている医薬品の説明ができたらな”と思ったのはこのときでした。

病気の予防に関与できるのは、ドラッグストアの薬剤師ならではの魅力!

入社前、“ドラッグストアにいる薬剤師は、
結局、レジ業務や品出し業務に追われて調剤業務やお客様の相談に応えることできないだろう”と思っていました。

でもそれは全くの先入観でした。
“マツモトキヨシにいる薬剤師は、薬剤師だからこそできる事をしなければならない”のです。
求められることは、職能を自分らしくしっかり活かすことでした。

隣接するクリニックの診療時間外は、売場で商品についてのご相談や説明をすることもあります。
病院や調剤薬局の薬剤師は、すでに病気になっている方に対しての治療にしか関わることができませんが、
ここではOTC医薬品や健康食品で病気の予防や治療、改善にも関与できます。
これは、ドラッグストアの薬剤師ならではの魅力だと思います!

成長できる現場がたくさんあることが、マツモトキヨシの魅力!!

新入社員研修は、本社での集合研修や店舗でのOJT研修、6週間の調剤研修などがありました。
入社してから、3ヶ月間の研修後には、社員としての一連の業務ができるようになります。
もちろん、現場で必要な知識や対応全てが身に付く訳ではありませんが、
一連の業務ができるため安心です。

また、コンタクト用品や日用雑貨についての知識も本社研修で学ぶ機会があるので、
実家に住んでいて親に甘えていた私でも、一般知識が身に付き、お客様にアドバイスができるようになりました。

新入社員研修以外にも、無菌調剤研修やフィジカルアセスメント研修、AED講習などの実技研修も多くあります。
充実した研修制度があるからこそ、毎日の業務にも自信を持って取り組むことができるんです。

店舗業務以外に、リクルーター業務もしています。
卒業した学校を訪問し、学生を対象に、「求められる薬剤師とはどういうものか」や、
また「実際に働いているからこそ分かる会社のこと」を伝えたり、各種採用イベントの運営も行います。
例えば、インターンシップ運営のリクルーター業務に参加した際には、
限られた時間で最大限に楽しんで密度の濃い経験をしてもらえるよう考えて動くようにしています。
本社の仕事の雰囲気が味わえるので、店舗業務とは違う魅力があるんです。

店舗以外でも成長できる場所がたくさんあることが、
マツモトキヨシの魅力だと思います!

アクティブに過ごすプライベート

趣味は、体を動かすことと、旅行に行くこと。そして、家で料理をすること!

体を動かすことが好きで、フットサルや、夏はダイビングやプール、冬はスノーボードに行きます。

同期と休みを合わせて、旅行に行くこともあります。
満喫した休日を過ごし、翌日からさらにパワーアップです!
私にとって、同期の仲間たちは、なくてはならない宝物です。

料理は、学生時代のアルバイトで調理師免許を取得したので得意です。休みの日を中心にご飯を作っています。

今は、会社が用意した横浜の借上げマンションに住んでいます。
その為、通勤の負担も少なく、アフターワークや休日はこのようにとことん充実させています。

仲間に恵まれている今、コミュニケーションはとても大切

私が一番大切にしているのは、人とのコミュニケーション!
毎日が充実していると感じられるのは、周りの人に恵まれているから。

私は広く深い人間関係の構築を心がけています。
たくさんの人と色々な会話をすることで、人との仲やお互いの理解が深まります。
それによってさまざまなアドバイスができるようになり、プライベートでも仕事でも役に立つと考えます。

店舗で働くスタッフは、パート・アルバイトの方々も含めて、年齢や職種もさまざま。
家庭のある人の苦労話やのろけ話を聞いたり、大学生からは、楽しい時間の使い方を学んだりしています。

また、化粧品担当の方と休憩時間が一緒になれば、商品の知識を学びつつ自分の美容に役に立つことも。
休日が重なったときには、一緒にスノーボードにでかけたり、飲みに行ったりもするんですよ。
他職種の方たちと仕事を共にすることで、楽しく色々な知識を増やすことができているので、
仕事がとても楽しくなります!

将来の目標は、自分の店を持つこと

今は店舗業務を完璧にしたいという思いがあります。
薬剤師としての知識はもちろん、売場で何を聞かれても答えられるようになりたいですね。

そして将来は、店長になって自分の店を持ちたい。

患者様やお客様の声を聞き、現場の声をダイレクトに経営や売場管理に役立てることで、
よりよい自分らしいお店を作りたいと思っています。
そして、戦略や目標を立てて、お店の仲間たちと、達成できたときの喜びを体験し共有したいです!

就職活動は、異なる価値観を持つ人たちの出会いの場

就職活動は出会いの場です。
就職活動をしていると、他の大学の色々な学部の人との出会いがありますよね。
また、周りの学生だけでなく、人事の方やOB・OGなど年齢や職種の異なる人もたくさんいます。

人はそれぞれ価値観が異なるので、たくさんの人の考えを聞き、理解することが大事。

やりたいことを絞って就職活動をすることも良いと思いますが、できるだけたくさんの業界や企業を見て、
普段出会えないような人たちと関わりを持てば、自分自身の成長につながりますよ!