マツモトキヨシ RECRUITING  SITE
  • マイページログイン
  • 2018年卒薬剤師職新卒採用エントリー
  • 総合職インターンシップエントリー
  • 薬剤師職インターンシップエントリー

トップページ > [ 管理薬剤師 ] 小堺 友香

PERSON 05

Yuka Kozakai

何事も実践、チャレンジしてみる。新しい何かに取り組むことで、感じる充実感と新鮮さが好き。小堺友香

ぱぱす
2009年入社
日本大学卒業 管理薬剤師

これまでのキャリア: これからのキャリア:
これまでのキャリア: これからのキャリア:

調剤とOTC、両方の勤務経験を活かして、地域の方の健康増進へ

入社後、最初の2年間はOTC薬剤師として、その後は調剤薬剤師として勤務してきました。
現在は、調剤の管理薬剤師として店舗で勤務しながら、
OTC推進プロジェクトチームのメンバーとして、薬剤師が幅広く活躍できる体制を整え、
患者様のニーズや期待に応えられる店舗作りをしています。

また、セルフメディケーションが、もっと世の中に浸透するように、
管理栄養士や登録販売者と連携して、ダイエット、美容、生活習慣病など、
様々なテーマで健康相談会を実施しています。
地域の方に、より健康・美容に興味を持っていただく、
それこそがドラッグストアの薬剤師の使命だと考えています。

地域密着型のかかりつけ薬局として

学生時代に想像していた調剤薬局は、
薬剤師が流れ作業のようにピッキングして投薬する、の繰り返し。
少し味気ないかな、と思っていました。

しかし実際、調剤専門店で働いてみると、イメージがガラリと変わりました。
現場は、単純作業の繰り返しではなく、人と人とのつながりが非常に強いものでした。
同じ薬の処方でも、患者様ごとに話す内容はまるで違う、
イメージとは真逆の面白さがありました。
顔と名前を覚えてもらい信頼していただくと、同じオフィスのサラリーマンの方はみなさん
「後で、取りに来ます」と処方箋を薬局に置いていかれ、
私を指名してお薬を取りに来てくださいます。
ずっと同じ患者様と関わることで、ちょっとした変化に気づけるようになり、
今では処方されたお薬のお話プラス、健康アドバイスをするようになりました。
ひとりひとりに寄り添う薬局。それが私の理想です。

お客様からの意外な質問は、新たな知識を身につけられるチャンス!

入社して間もないころ、お薬と同じくらい、雑貨、化粧品、食品のご相談があり、
とても驚きました。
まだまだ知識がなかった私は、上手く答えられず、毎日悔しい思いをしました。
お客様は、白衣を着ている薬剤師だったら、
何でも知っているプロフェッショナルだと思うのです。

また同じ質問がきたら的確に答えられるように、
メーカー様に問い合わせをしたり、本で調べたり、勉強会に参加したり、
上司や先輩方からアドバイスをもらったりして、勉強を重ねました。

覚えることは多いけれど、知識もだんだん増え、
私に質問するために、お店へ来てくださるお客様ができました。
薬だけでなく、生活用品全般についてアドバイスできるようになったことは、
新入社員のころの私と比べて、大きな成長だと感じます。

周囲との連携。積極的に協力することを心がけ、チームワークが高まる

私は、マイペースかつ着実に、仕事をこなしていくタイプだと思っています。
しかし、何でも自分でやろうとするばかりに、考えすぎてしまうことがあります。
そんな時は、周りの手を借り、協力してもらうようにしています。
また、その分周囲のスタッフへの気配りも忘れません。
困っていることはないか、私にできることはないかと常に意識して、
周囲の人へ協力するよう心がけています。

ぱぱすには手を差し伸べてくれる人が多く、
調剤、OTCといった担当を超えた連携も強いのが特徴です。
スタッフ間で異なる意見が出たときも、
みんながじっくり話を聞いてくれて解決するよう助けてくれました。
みんなで考えるからこそ、より良い方向へ進み、さらなるチームワークが生まれます。
協力し合える仲間に恵まれた環境で働けることに、とても感謝しています。

ラーメンで温まり、野球観戦で熱くなる。そんな休日が、明日への活力

休みの日は、ラーメン屋巡りをします。
メディアで話題の人気店から、時にはドライブがてら、少し遠くのラーメン店まで。
好みは、豚骨しょうゆの中太ちぢれ麺です。

また、先輩に誘ってもらったのがきっかけで、野球観戦にはまりました。
ユニフォームを着て、タオルを振り回し、
無我夢中で応援すると、スカッと爽快な気分になります。

最近は応援だけではなく、キャッチボールを始めました。
外で体を動かすと、心も身体も元気になり、明日も頑張ろうと思います。

お客様・患者様の笑顔を一番に!

患者様から「これからもぱぱすを利用したい」と言っていただくと、とてもやりがいを感じます。
日頃から、「親しみやすく、相談しやすい薬剤師であること」を心がけ、
今は少しずつですが、理想に近付けているかなと思います。
これからも、お客様・患者様に笑顔で帰ってもらえるよう努力したいです。

今後も、お薬だけではなく、雑貨・化粧品・食品など、
店内のすべての商品提供ができる知識を身につけて、
その地域に合った、愛されるお店作りができる調剤併設店舗の店長になることを目指しています。

視野を広く持ち、自分で足を運んで感じ取ることが大切

実際に会社や店舗を、自分の目で見て、感じることが大切です。
インターネットや資料など、外部の情報だけでは、見えないことがたくさんあります。
実際に足を運んで、会社やスタッフの雰囲気を感じることで、
自分に合っている会社かどうかの見極めになります。

そして、あまり興味がない職種・会社の説明会も、ぜひ聞いてみてほしいです。
視野が広くなり本当にやりたいことが見えてきます。
そして、自分が大切にしているものは何なのか、
給与なのか、職種なのか、場所なのか、人なのか、
自分の中での優先順位をはっきりさせておくことが、
就職活動をスムーズに行うコツだと思います。