マツモトキヨシ RECRUITING  SITE
  • マイページログイン
  • 2018年卒薬剤師職新卒採用エントリー
  • 総合職インターンシップエントリー
  • 薬剤師職インターンシップエントリー

トップページ > [ 管理栄養士、登録販売者 ] 平野 瑛莉

PERSON 07

Eri Hirano

サプリメントバー発!管理栄養士は、健康な未来への案内人。平野 瑛莉

マツモトキヨシ
2012年入社
昭和女子大学卒業 管理栄養士(登録販売者)

これまでのキャリア: これからのキャリア:
これまでのキャリア: これからのキャリア:

一人ひとりに合った、世界でたったひとつのサプリメントをお届け中

私は現在、matsukiyo LAB(マツキヨラボ)のサプリメントバーにて、
お客様の身体に本当に必要なサプリメントを必要な分だけオーダーメイドでお作りしています。
サプリメントは普段の生活の中で、足りない栄養素を補うために飲むものです。
そのため、お客様の食生活と生活習慣を伺い、
ライフスタイルが改善できるように、アドバイスを行っています。

matsukiyo LABには、「サプリメントバー」のほか、
「ヘルスケアラウンジ」と「ビューティーケアスタジオ」があります。
3つのサービスを連動させ、お客様のニーズに合わせて質の高いサービスを提供しています。

「食の大切さ」それをいろんな人に伝えていきたい

就職先にマツモトキヨシを選んだのは、管理栄養士を目指し、大学に通っている時の経験からです。
授業の一環で学校給食を作ったり、病院実習で糖尿病や腎臓病の患者様向けの食事を作ったりしました。

その中でも一番衝撃的だったのが、味付けや形状。
患者様の状態に合わせた食事を用意しなくてはいけないので、すごく薄味のものや、
固形物を一度ミキサーにかけて、再び寒天などを用いて成型し直したものなど様々でした。
この経験で、日常の中の食に対する思いが強くなりました。

通常は、自分の食事を自由に選ぶことができます。
そのため、無理なダイエットや偏食、暴飲暴食など、偏った食生活を送る人も少なくないと思います。
管理栄養士として、多くのお客様に食の重要さを伝え、食事から健康になってほしい。
セルフメディケーションを推進しているマツモトキヨシなら、この思いを実現できると感じ、入社を決めました。

お客様の「ありがとう」が私へのサプリメント

管理栄養士としてサプリメントバーを運営するにあたり、
リピーターが増えてくることに、やりがいを感じています。
お客様の話に耳を傾け、実行できる範囲を考えた上でアドバイスをするなど、
お客様の立場に立ったカウンセリングを心がけています。
サプリメントを飲み終えたお客様が再来店し、肌や体調の変化をお話してくださり、
喜んでいただけた時は、最高に嬉しいです。

以前、商品開発担当の先輩から、こんな言葉をいただきました。
「工場の人たちは、一生懸命商品を作っているのに、お客様からの『ありがとう』の言葉は残念ながら届かない。
一方、小売業で働く私たちは、直接『ありがとう』と言ってもらえている。
この事実を心に留めて、頑張って商品を提供するんだよ」
素晴らしい環境と、素晴らしい先輩に出会えて、マツモトキヨシを選んで間違っていなかったと改めて感じました。

山と海が、休日のステージ!横乗りスポーツを全力で楽しむ

最近、子猫を飼い始め、毎日世話に追われています。
とにかく可愛くて癒されるので、仕事が終わると一目散に家に帰ります。
可愛らしい姿を眺めていると、この子のために「仕事も頑張らなくては」とすっかり親の気分です。

休日は、夏はサーフィン、冬はスノーボードを楽しみます。
特にスノーボードは、毎週雪山に通うほどはまっています。
去年から、グランドトリックを練習し始めました。
シーズンが終わる時期には、涙が出るほどさみしく、
夏になると、あと半年とカウントダウンをするくらい大好きなスポーツです。

また、料理が得意なので職場には、毎日お弁当を作っていきます。
おかずは変動しますが、卵焼きだけは欠かさないようにしています。

サプリメントバーの成功、それが今一番の目標!

オープンして以来、各メディアに取り上げられ、反響の大きさを、とても嬉しく思っています。
サプリメントバーという新事業の立ち上げに関わることができ、
管理栄養士としての活躍の場が広がりました。
日々、試行錯誤の連続ですが、今後の展開が楽しみです。

また、これは管理栄養士の活躍のチャンスだと考えています。
これから先リピーターの獲得や、口コミでも評判になる接客を心がけて、
たくさんのお客様にサプリメントバーに来ていただき、
管理栄養士に相談したいと思ってもらえるように努めたいです。

就活中、気になったことは何でも挑戦!とにかく自分で動くこと

私の就職活動を振り返ると、もっと色々な経験をしておけば良かったと思います。
それは、様々な人の話を聞くことや足を運ぶことで、もっと広い視野を持つことができるからです。

異なる職種の業務体験は、学生時代にしかできないことです。
別の職種に就いたとしても、経験は必ず自分の力になります。
だから私は、就職職活動をしている方には、気になったら何にでも挑戦し、動くことが大切だと伝えたいです。

また、入社した会社で、自分がどう成長できるかは自分次第。
入社当初の意欲は、持ち続けて欲しいと思います。