マツモトキヨシ RECRUITING  SITE
  • マイページログイン
  • 2018年卒薬剤師職新卒採用エントリー
  • 総合職インターンシップエントリー
  • 薬剤師職インターンシップエントリー

トップページ > [ バイヤー ] 及川 咲友未

PERSON 11

Sayumi Oikawa

笑顔は元気や安心感を与える魔法。関わる全ての人に笑顔で接していきたい。及川 咲友未

2009年入社
城西国際大学卒業 医薬品バイヤー(薬剤師)

これまでのキャリア: これからのキャリア:
これまでのキャリア: これからのキャリア:

笑顔は元気や安心感を与える魔法。
関わる全ての人に笑顔で接していきたい

私は入社から5年間、計4店舗で調剤業務とOTC業務の両方を経験してきました。
店舗での接客で、大切にしていたことは「笑顔」
笑顔は、自分自身はもちろんですが、人に対しても元気や安心感を与えてくれる魔法だと思っています。
目の前の患者様・お客様に幸せな気持ちで帰っていただけるように、
常に笑顔を忘れず、心をこめて接客をしていました。

4つめの店舗は、銀座5th店。
社内の誰もが知っている大型店へ薬局長としての異動でした。
最初は私に薬局長が務まるのか不安もありました。
しかし、尊敬する先輩から「あなたなら大丈夫」と背中を押してもらい、
「とにかく、挑戦してみよう」と決心がつきました。
私が薬局長として一番に取り組んだのは、スタッフの連携強化です。
患者様・お客様にとっては、薬剤師も化粧品担当も全員が同じマツモトキヨシのスタッフです。
専門性の違いはあっても、お互いの仕事内容の理解や、店舗としての一体感が大切だと思っています。
薬局長として先頭に立ち、明るく和やかなお店を作っていきたい。
スタッフに対しても、笑顔で丁寧に接することを常に心がけました。

知識が増える分、意識も高まる

ドラッグストアは取り扱う商品数が多いため、病気や医薬品以外にも多くの知識が必要となります。
ですが新入社員の私に不安はありませんでした。
むしろ幅広い知識を身につけていけることが楽しみでした。
研修でメイクアップの技術、商品知識、接客について学ぶにつれ、
もっと知りたい、勉強したいと思うようになりました。

知識を身につけるほどに、自身の美容や健康に対する意識が高まっていきました。
お客様のための知識は当然自身の日常生活にも役立ちます。
また、逆に日常生活で感じたこと、疑問に思ったことはお客様にとっても同じ。
業務に活かせるよう、小さな気づきを大事にするようになりました。
お客様の一番身近な医療機関であるドラッグストアの薬剤師には、とても大事なことなのです。

店舗業務から商品開発へ。
経験を糧にして、自分自身の成長を強く感じる毎日

マツモトキヨシに入社して、まず一番に感じたことは
「こんなに大きな会社だったのか」ということです。
マツモトキヨシで売れた商品が、一種の流行になることがあり、
世の中に対する影響力の大きさを感じました。

だからこそ、プライベートブランドの商品開発をする際には、店舗での経験を基に、
お客様の声や実際の利用シーンを思い浮かべながら、
自分からいろいろとアイディアを出すようにしました。

商品の中身は当然ですが、外側にもこだわりました。
パッケージをデザインする際は、お客様視点での分かりやすさ、イメージしやすさを追求しました。
たくさんの商品の中から、お客様に選んでいただきたい、
そんな思いからカラーコーディネーターの資格を取得しました。
プライベートブランドは、お客様と私たちの理想を形にした商品です。

「お客様からすごく評判が良いですよ」と店舗スタッフから報告をもらうと、
頑張った甲斐があったと、本当に嬉しく思います。

メーカーと患者様の間を埋めるのが商品部の仕事

以前、製薬メーカーの方との商談の際に、「薬を持ち歩く時は、
箱から出してPTPシートだけを鞄に入れる患者様が多いので、
PTPシートに薬の用法用量を記載してほしいです」と話をしたら
「患者様は箱は持ち歩かないのですか?」と驚かれたことがありました。
メーカー様は、今まで気づかなかったことだと、とても感心してくださいました。
患者様と直接向き合える立場だからこそ、気づけることがある。
メーカー様と患者様の間を埋めるのが、商品部の仕事であると実感しました。

いつか夫婦でホノルルマラソンへ

大学時代、フルマラソンのサークルに入ったのをきっかけに、走ることが大好きになりました。
ランニング中は無心になり、日常を忘れることができます。
走ることで、心も体もリフレッシュ。すがすがしい気分になります。
また、日々の生活にも活気が出てきて、仕事もはかどります。
以前、東京マラソンに出場した時には、6時間で完走することができたので、
いつか夫婦でホノルルマラソンに出場することが目標です。

可能性は無限大。
みんなで力を合わせ「もっと、もっと、楽しいことを」

マツモトキヨシは、社員の“やる気”を認めてくれる会社です。
個人個人が、積極的にチャレンジできる環境を会社が作ってくれます。
それだけではなく、普段は気づかなくとも、日々の頑張りを見てくれていてる人が必ずいます。
仕事もプライベートも妥協しない、熱い想いや、自分の軸がある魅力的な方が、大勢働いています。
先輩方からは、仕事以外にも人生の先輩として学ぶことがとても多く、
人として成長できる環境にいることに感謝をしています。

素晴らしい先輩方を目標に、今後はバイヤーとして、
お客様の要望に適った商品提案をしていきたいです。
スタッフが自信を持って患者様やお客様に、お薦めできる商品を提供したいと思っています。
来ていただける患者様・お客様、働くスタッフみんなが楽しめるような、
新しいことにどんどんチャレンジしていきたいです。
これだけ大きい会社で、たくさんの人がいるのだから、
力を合わせれば「もっともっと楽しいことができるはず」と思っています。