ENTRY

INTERVIEW 社員インタビュー

薬剤師職

チャレンジ薬局長

明確なビジョンを持った先輩、
同じ価値観を持った仲間と一緒に、
目の前の患者様に大きな影響を与えたい

2016年入社

谷口 真優

HOME仕事を知る社員インタビュー薬剤師職:谷口 真優
Interview

現在の仕事内容

チームワークがあるからこそ
患者様ファーストになれる

私は2016年の入社後本社研修、店舗でのOJT研修を経て、東京の調剤併設ドラッグストアで働くことになりました。2店舗で調剤業務を経験した後、2018 年10月からは現在の店舗で勤務しています。
最初に配属された店舗ではOTC販売と調剤を半々、現在の店舗では調剤をメインで担当しています。
最近では調剤業務以外にもチャレンジ薬局長の業務に加えて、リクルーターとして採用活動のサポートも行っています。

調剤業務で心がけていることは、患者様を最優先することですね。一見、当たり前のように思われるかもしれませんが、忙しいと患者様ファーストという意識が疎かになってしまうこともあるんです。だからこそ、基本をしっかりしなきゃいけないと、常に心がけています。

例えば、調剤中どれだけ忙しくても、患者様から商品についてお問い合わせをいただいた時には、きちんとカウンターに立ってお問い合わせに対応する、患者様に薬をお渡しするときは渡すだけじゃなく、前回からの体調変化を確認する。忘れてはいけない大事な事です。

このように患者様を優先するという基本がしっかりとできているのは、私の心がけだけじゃありません。パートスタッフをはじめとした、全てのスタッフが責任感を持ってフォローし合う、そんなチームワークが発揮されているからこそ、患者様にしっかりと対応できているんだと思います。

Interview

マツモトキヨシグループを選んだ理由

同じ価値観を共有できる仲間、
明確なビジョンを持った先輩が決め手

数あるドラッグストアのなかからマツモトキヨシグループを選んだ理由は、「人」です。
就職活動中に、いくつものインターンシップや店舗見学に参加していましたが、そのなかでもマツモトキヨシグループは、同期になりそうな、他の参加者と同じ価値観を共有できたんです。社員の方と実際に交流することで、みなさんが将来のビジョンをしっかりと持っていることに感動して、志望・入社しました。

実際に入社した後は、福利厚生が充実しているためワークライフバランスが実現できるいい環境だなと感じていますし、社員のやりたいことをサポートしてくれる働きやすい社風も、ここを選んで良かったなと思っています。

Interview

新人時代の経験や苦労

痛感した同期との差。
先輩のサポートがとても嬉しかった

入社1年目で2店舗目へ異動したとき、その店舗には既に2人の同期が配属されていて、彼女たちとの差を感じてしまったんです。
なんとかして差を埋めようと、すぐ先輩方に、薬に関する宿題を出してもらったりして勉強しましたね。しかも、その宿題がわからなければ投薬できないという状況だったので、とにかく自分がやりたい、やってみたいと思ったことはその日のうちに先輩に聞いて覚えていきました。

Interview

仕事のやりがいや印象に残っている出来事

大切なのは大勢よりも
目の前にいる患者さんを安心させること

薬剤師って、私のようにドラッグストア・調剤薬局で勤務する人、病院に勤務する人、製薬会社で営業・研究をする人と、就職先はたくさんあるんです。
私の場合、当初は製薬会社のMRを目指していました。MRはさまざまな人と関わり、その影響が広い範囲に及ぶことが魅力的に見えたんです。でも実際にドラッグストア・調剤薬局で働いている人の話を聞いたら、薬剤師業務も奥が深くて人に影響を与えることができる仕事だと思えましたし、私にとって一番魅力的でした。

先月来店された患者さんが、今月も来店してくれて「谷口さんの話を聞いて楽になった」と言ってもらえたり。こういった患者様からの感謝の言葉に触れると、この仕事を選んでよかったなと思います。

Off
Interview

プライベートの過ごし方

頂上にたどり着いた達成感よりも
プロセスが楽しい

旅行や登山が好きで、最近では富士山と屋久島に行きました。
出勤がシフト制なのはスケジュールを組みやすくてありがたいです。
富士山はあいにく登れなかったのですが、屋久島では鳥の鳴き声、風が吹く音、木が揺れる音といった自然の音に囲まれて、普段では感じられないような体験ができました。

登山と仕事って似ていると思うんです、頂上(目標)にたどり着くために、一歩一歩踏みしめていく過程が。どう登っていくか、どう目標の数字にアプローチするかといったように、プロセスを楽しみたいから登山に魅了されているのかもしれません。

One Day

ある一日の仕事の流れ

  • 10:00

    出社

    店舗内の申し送りをはじめとした社内共有

  • 10:30

    納品・調剤

    複数の業務を並行して進める

  • 13:00

    休憩

  • 14:00

    調剤

  • 19:00

    退社

    薬歴の確認やレジ締め作業

Interview

今後の展望

知識と経験を深めてさらなる高みを目指す

現在はチャレンジ薬局長として薬局長をサポートする側にいますが、今後は薬局長を目指したいので、そのステップの一環として、大学病院近辺の店舗を経験してみたいです。大学病院近辺であれば、抗がん剤をはじめとした、これまで取り扱ったことのない処方箋を取り扱えるので、薬剤師としてさらなる高みを目指せると思います。

登山と同じで、一歩一歩着実に高みを目指せているのは、頑張って就職活動して自分の入りたい職場に入れたからだと思っています。
就職活動で、内定ばかり貰えれば嬉しいですけど、現実はそんないうまくいかないですし、辛いときもありますよね。そんな大変な経験と入社後の苦労に比べたら、入社後の苦労なんて乗り越えられるはずです。私自身そうでしたし。

だから、リクルーターとしてそのような想いを現役の薬学生たちに伝えて、それに応えてくれるような人と、将来一緒に働ければなと思っています。

その他の社員インタビュー