ENTRY

働く環境を知る

研修制度一覧

医療は日々進歩します。化粧品や雑貨には流行があります。
最新の情報を患者様、お客様に提供するため、マツモトキヨシグループには充実した研修制度が整っています。
また、かかりつけ薬局の役割を果たすため、人材の育成にも力を入れています。
一人一人が着実にステップアップし、学び続けられる環境があります。

共通

  • 新入社員研修

    本社にて社内ルールやレジ操作、ビジネスマナーの習得を中心とした研修を実施後、各店舗にてOJTを実施します。計3ヵ月間の長期研修です。

  • 新入社員フォローアップ研修

    入社6ヵ月・1年・2年・3年に実施します。新入社員の知識向上、業務習得状況確認を目的に、講義や確認試験を行います。また、一人ひとりフォローアップを行い、現状の確認とともに課題の把握や自己認知を深めます。

  • チャレンジ店長研修

    管理職として必要な知識の習得と意識を高めることを目的に実施します。男女共同参画の推進(ポジティブアクション)の一環で女性登用者が対象です。

  • 店長ライセンス取得研修

    店長に登用される為の資格『店長ライセンス』の取得を目的として全7日間実施します。ES向上、リーダーシップ、コミュニケーションスキル、マネジメント、マーチャンダイジング、問題解決能力等を学びます。

  • 店長研修

    『店長ライセンス』所持者の医薬品知識、店舗運営マニュアルの理解、顧客満足度(CS)向上を目的として実施します。スキルアップ研修や店長ライセンス更新研修があります。

  • BSMライセンス取得研修

    化粧品専門マネージャー(BSM:ビューティーセクションマネージャー)に求められるマネジメントスキルや専門知識及び専門技術の習得を目的として実施します。 ※事業会社合同で、年1回合宿形式で開催します。

  • WAY研修

    マツモトキヨシ全社員共通の行動規範であるマツモトキヨシWAYを深く理解し、実践できるようにすることを目的として開催します。新入社員・一般社員・マネジメント層と大きく3つに分けて実施します。

  • SVライセンス取得研修

    SV(スーパーバイザー)の役割に基づき設定された必要知識・必要能力を研修することにより、SV候補者となり得る人材を育成します。 コンサルティング、マーケティング、投資回収効率等を学びます。

  • SV研修

    SV(スーパーバイザー)の役割に基づき設定された必要知識、必要能力より、特に重要度の高い項目を抜粋し研修を実施します。リーダーとしてより指導を強化することで店舗マネジメント・人材育成の強化に繋げ、競合他社との差別化・専門性強化を目的として実施します。SVライセンス更新研修、SVマネジメント研修等があります。

  • 経営人材育成プログラム
    (全7クラス)

    グループの中期的な戦略の実行に向け、計画的かつ早期に人材を育成します。次世代リーダーに求められる知識・スキル・人間力などを教育するとともに、実践的な経験をさせることにより、次世代経営層にふさわしい人材を育成します。

  • グローバル研修

    外国籍従業員に必要な考え方やスキルを習得していただくための研修です。

  • 語学力向上研修

    グローバル人材育成として英語セミナーと中国語セミナーの語学力向上研修を実施しています。

総合職

  • 登録販売者資格取得研修

    登録販売者試験の合格を目指し、試験問題作成に関する手引きに基づいた全6回の講義研修+1回の模試研修を実施します。

  • 登録販売者資質向上研修

    厚生労働省発令「登録販売者の資質向上に関する外部研修ガイドライン」に則り、登録販売者の資質・知識向上を目的として実施します。

  • 管理栄養士研修

    管理栄養士としての専門知識やカウンセリングスキルの向上を目的に実施します。栄養指導演習や保健機能食品情報、栄養情報発信について学びます。

  • CCセミナー

    コスメティックカウンセラーセミナーの略で、新商品情報の習得、季節情報に合わせた商品紹介方法の研究を目的に実施します。

  • カウンセリング
    スキルアップセミナー

    化粧品担当者の専門知識やメイク技術・コミュニケーション能力の向上を目的に実施します。

  • 化粧品担当社歴別
    フォロー研修

    社歴に合わせたメイク技術向上、専門知識習得を目的に実施します。2年目、3年目、4年目、5年目、6年目以降に分けて開催します。

薬剤師職

  • OTC薬剤師研修

    OTC医薬品についての専門知識の向上、コミュニケーションスキルや接遇スキルの向上を目的として実施します。人権教育、コンプライアンス、薬事関係法規、要指導医薬品・第1類医薬品・PB(プライベートブランド)を中心とした内容です。

  • 調剤薬剤師研修

    医療用医薬品についての専門知識の向上、コミュニケーションスキルや接遇スキルの向上を目的として実施します。人権教育、コンプライアンス、リスクマネジメント、薬事関係法規、病態と治療薬等を中心とした内容です。

  • 調剤実務研修

    教育専門機関にて無菌調剤研修やフィジカルアセスメント研修を通して在宅医療・チーム医療に貢献できる薬剤師を育成することを目的に実施します。また医療機関と連携した緩和ケアの実務研修等で在宅医療に対応できるプロフェッショナルを養成します。

  • クロス研修

    OTC業務を行っている薬剤師へ調剤の知識・技術習得のための研修を実施します。また、調剤業務を行っている薬剤師へOTC医薬品の知識・カウンセリング技術習得のための研修を実施します。

  • チャレンジ薬局長研修

    管理者として必要な知識の習得と意識を高めることを目的に実施します。男女共同参画の推進(ポジティブアクション)の一環で女性登用者が対象です。

  • 薬局長ライセンス取得研修

    薬局長に登用される為の資格『薬局長ライセンス』の取得を目的として実施します。リーダーシップ、コミュニケーションスキル、マネジメント、薬機法、レセプト等を学びます。

  • 薬局長研修

    『薬局長ライセンス』所持者の医薬品知識、店舗運営マニュアルの理解、顧客満足度(CS)向上を目的として実施します。スキルアップ研修や薬局長ライセンス更新研修があります。

  • PSVライセンス取得研修

    PSV(ファーマシースーパーバイザー)の役割に基づき設定された必要知識・必要能力を研修することにより、PSV候補者となり得る人材を育成します。コンサルティング、マーケティング、投資回収率等を学びます。

  • PSV研修

    PSV(ファーマシースーパーバイザー)の役割に基づき設定された必要知識、必要能力より、特に重要度の高い項目を抜粋し研修を実施します。リーダーとしてより指導を強化することで店舗マネジメント・人材育成の強化に繋げ、競合他社との差別化・専門性強化を目的として実施します。PSVライセンス更新研修、PSVマネジメント研修等があります。

自己啓発

  • 語学力向上セミナー

    インバウンド需要拡大に向け、簡単な接客対応・商品案内ができるようになるための研修を実施しています。集合研修のほか、家でできる自己学習ツールとしてECCオンラインレッスン(英語・中国語)、スタディサプリ(英語)を用意しています。

  • 薬剤師向けe-ラーニング

    薬剤師の生涯学習を支援する目的で実施します。メディカルナレッジ、ファーマストリームを利用することで『研修認定薬剤師』の申請に必要な単位を取得することが出来ます。

  • 通信教育

    自己啓発を援助・促進するべく、通信教育制度を設けています。ご自身の希望に合わせて100種類以上ある講座の中から選べます。アロマテラピー検定1級、サプリメント管理士、宅地建物取引士、社会保険労務士の資格を取得するためのプログラムなどがあります。